便利すぎる!WebフォントFontAwesomeをSwiftで使おう!

 

みなさんFontAwesomeというフォントはご存知でしょうか?

フリーの軽量なWebフォントです。

サイト構築などでよく使用されています。

 

iPhoneアプリ、Swiftでも利用できこんな風にメニューを作ることも簡単です!

今回はFontAwesomeとSwiftライブラリについてご紹介します!

iOS_Simulator_Screen_Shot_Sep_7%2C_2015%2C_7

 

 


FontAwesomeってなに?


 




上記のように、アイコンを文字として扱えるフリーのWebフォントです。


現在(2015/09/07)、Ver 4.4.0で585種類のアイコンが利用できます。


 


フォントファイル自体が100KBほどで、拡大しても荒くなりません。


軽量!無料!綺麗!の三拍子揃った、優秀なWebフォントです。


 


https://fortawesome.github.io/Font-Awesome/


 


SwiftでFontAwesomeを使おう!


 


GitHubでFontAwesomeのSwiftライブラリが公開されています。


https://github.com/thii/FontAwesome.swift


 


podを使うとより簡単に導入できます。

source ‘https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, ‘8.0’
use_frameworks!

pod ‘FontAwesome.swift’


 


Carthageでの利用も可能です。


利用の際は、swiftファイルの上部に import FontAwesome_swift を追記してください。


 


文字はもちろん、画像としても扱える!


 


文字(String)だけじゃなく、画像(UIImage)としても簡単に扱えます。


 


文字で利用

let text = String.fontAwesomeIconWithName(FontAwesome.Github)


 


画像で利用

let image = UIImage.fontAwesomeIconWithName(.Github, , textColor: UIColor.blackColor(), size: CGSizeMake(30, 30))


 


飾ってユーザビリティを上げる!


 


アイコンを約600種類も使えると、様々な箇所で利用できます。


例えば、タブバー、ナビゲーションバー、メニューなどなど。


 


iOSがデフォルトで用意しているアイコンは数個です。


FontAwesomeでアイコンを拡張すると、アプリの表現がより広がりますね


どんどん使ってユーザビリティ上げていきましょう!


 


あと、ライブラリを管理するのはCocoaPodsがオススメです!


http://yukim.xyz/how-to-cocoapods


comments powered by Disqus