会社からのまさかの知らせ!激動の2週間!!

コロナの影響でどこの会社も打撃を受けているこのご時世です。5年近く今の会社で働いて、だいぶ安定し、仕事もいつものようにこなす日々を送っていましたが、まさか自分もその影響を受けるとは思ってもいませんでした。

いきなりの呼び出し

コロナに入り、8-9割リモートワークの日々を送っていましたが、急に11月初め、月曜日のお昼頃にCEOからの呼び出し。その日は、出勤の日だったかな?なんて思ってオフィスに到着すると、CEO一人だけ会議室に座っていました。会社の状況を伝えられ、12月初めにチームを解散することを知らされました。あと一息のところで、うまくいかず解散せざるを得ない状況になってしまったそうです。うっすら、会社の状況を心配してたのはあったのですが、それまで会社がどう言う状況かあまり知らされていなかったので、急な知らせにショックを受けました。これから1ヶ月の猶予があるので、その間職探しです。

職探し

チーム解散までに仕事見つからなかったら、日本に一時帰国するのも有りかななんて思いながら、転職先探さないとなと思っていましたが、いざ転職活動をしだすと、不安で押し潰されそうになります。始めた1週間は日常ではない日々にストレスを感じ、夜もあまり眠れませんでした。幸運なことに、CEOがいくつかのコネクションを持っていたので、紹介してもらえました。その他にも、IndeedとLinkedInで他の企業もアプライしました。

この5年で今までの僕のスキルセットはモバイルメイン、フロントエンドのなんでも屋みたいなポジションでした。iOS,Android,React Native, React.jsなどなど。色々できて楽しい分、広く浅くの器用貧乏タイプなエンジニアです。職探しの窓口は広くなるけど、エキスパートと比べると知識は浅い気がするなという感じです。ただ、専門ではないフロントエンドだったとしても、Reactを多少はやってきているので探すのも有りだなと言うスタンスで色んなところに応募する気ではありました。

就職活動、技術試験対策

幸運にも、解散までの就活している間、業務時間の半分を転職活動当てれることが良かったです。CEOから紹介された企業がReactとiOSのエンジニア募集している2社。インタビューの順番がReactを使う企業が早かったため、序盤はReactメインで就活対策。長い間、就活対策なんてしてなかったので、久々に就活対策を総ざらい。企業調査、ジェネラルなインタビュー質門の対策。Githubに上がっているReact/JS(TS)の質問集。コンピュータサイエンスの勉強などをやりました。普段業務で使わない部分などを知れて知見が広がり、いい勉強になりました。最後にOOP、設計や、デザパタを軽くおさらいし挑みました。

転職のプロセス

CEOが紹介してくれた企業にプロセスを早く進めてくれるように頼んでくれたお陰で、2週間の間に全てプロセスが進みました。

1社目(React):業務で自分が書いたコードを提出->CTOと面談(一般的な質問+少し技術的な質問) -> FEリードと面談(ほぼ前回と同じ) -> 連絡なし

2社目(iOS):CTO + HR Lead + Product Managerと面談(一般的な質問+少し技術的な質問) -> ホームアセスメント(簡単なノートアプリを作成(SwiftUI/MVVM)。実働1日半ぐらい) -> 技術面接(iOS全般、設計などに関して20個ぐらい質問) -> オファーと条件交渉

2社目の企業からオファーを2週間でもらえました。ほとんどしてこなかったiOS/Swift技術面接対策でしたが、今までデベロッパーとしてiOSをメインでやってきたのが功を奏した気がします。他の企業もアプライしましたが、1次面接の段階だったため、全部断りの連絡。これで、12月からスタートするセカンドステージが決まりました。次はRxSwiftを使っているのようなので、勉強する必要がありそうです。Swiftも離れていたので、勉強しなおさないと笑

アルゴリズムの問題対策でLeetcodeを日々やっていて、出題されるのかなと心配していましたが、コンピューターサイエンス寄りではなく、業務寄りな出題内容だったのもラッキーだったかも知れません。DP使う問題なんか出されたら、多分解けない気がします。

グレードアップ

今回の転職は自分にとってはグレードアップな気がしています。新しい知見を知る機会を得れる、福利厚生の向上。会社の規模も今より大きい。入ってからの慣れるまでの不安もありますが、概ねグレードアップできて満足している気がします。ただ、今に満足せず、常に向上していくよう、日々勉強し努力していきたいと思います。GAFAに入りたいなーなんて思っていたけど、中々ハードな面接プロセスを知り、唖然としています。入れるかどうかは別として、入れるような勉強、努力を日々してスキルを磨いていくことがいずれ達成の道なのかなとも思っています。甘いのかな笑

それでは Happy Coding :)

comments powered by Disqus